パプリカとシシトウが実る畑を「観光」

 

 

DSC_0002

DSC_0010

DSC_0008

 

 

夏前に種から育ててました。

だいぶほったらかしにしてしまっていた時期もあったせいか、実るのがだいぶ遅かった様に感じてます。
もっと、早く食べたかったんですけどね。

 

パプリカを育てたのは初めてでした。
お店で売っているくらいデカくなるのでしょうか。
しかもポコポコ実ってきました。
これ全部デカくなっちゃったら、折れそうです。
でも楽しみです。

シシトウは、少し前からだいぶ頂いてます。
でも霜が降りる頃になると、一気に枯れてしまいます。
その時まで堪能したいです。

 

 

と、眺めているだけでも何故か楽しかったです。
30分位は畑をウロウロしてしまいました。

「観光」が嫌いで、いつも何かをしでかしていたい僕にとって、
正に、「観光」をしてしまった瞬間でした。

 

夏が過ぎた、とある日の夕暮れどき。

 

 

栗原 隆 プロフィール

もうひとつのメインブログ
釣りを更に楽しくさせるもの

主に釣行記を書いているブログ
年収200万で奏でる34歳フリーターの釣り人生

TwitterFacebookでは日常を公開しています

釣り系のPVも作ったりしています

 

カテゴリー: Nikon D5300(日常) | コメントをどうぞ

会社の目的は、本来、お金を稼ぐ事ではない

今月はスケジュールがぐるんぐるん。
約7日間の仕事、いや労働なのか、飛びました。

そしたら、直ぐ違う仕事が入ってきました。
現在、僕は足利市内、というか足利NemuNemuででしか講師なるものしていませんが、どうやら、佐野市内でも音楽講師をやらせて頂く事となりそうです。

が!!!!!
僕は、それを一生の仕事とは思っていません。

目的を果たしたら、その講師は辞めます。
まだ始まってもいないのに無礼者ですが、その目的、とは僕が稼ぐ事ではないのです。
僕に関わった人が僕を離れても「成長出来る状態になる」事が達成されればいいのです。

本来経営って、そういうものだ、と何かの本で読んだ事あります。
会社の目的が果たせたら、その会社は終わりにする、と。
会社の目的は、本来、お金を稼ぐ事ではないのです。

 

 

実際、僕が、講師とかで稼げる様になっても、僕の目的が「お金を稼ぐ事」だけにならない様に気をつけます。
この無意識は相当怖いものだとも思っています。

そんな無意識にハックされない様に気をつけます。

 

 

栗原 隆 プロフィール

もうひとつのメインブログ
釣りを更に楽しくさせるもの

主に釣行記を書いているブログ
年収200万で奏でる34歳フリーターの釣り人生

TwitterFacebookでは日常を公開しています

釣り系のPVも作ったりしています

カテゴリー: 無意識のハッキング | コメントをどうぞ

2014年9月9日22時のフルムーン

先日、月だ月だ、web上でざわついていたのもあり、せっかくなので、

「月」を撮ってみました。

 

 

 

 

 

DSC_0067☆ DSC_0116☆ DSC_0118☆ DSC_0113☆ スクリーンショット 2014-09-12 22.19.48

 

 

僕の目では見えていないところまでカメラは写せていました。

が、くっきり月を撮ろうとすると、月明かりに照らされている雲が撮れません。
その雲まで写そうとすると、月のクレーターが撮れません。

僕の操作が悪いのか。
その知識を知らないのか。

 

 

でもそんな事を体験し、改めて、人の目はすごいなと思いました。

どちらにしても面白かった数十分間でした。

 

 

 

 

栗原 隆 プロフィール

もうひとつのメインブログ
釣りを更に楽しくさせるもの

主に釣行記を書いているブログ
年収200万で奏でる34歳フリーターの釣り人生

TwitterFacebookでは日常を公開しています

釣り系のPVも作ったりしています

 

 

カテゴリー: Nikon D5300(日常) | コメントをどうぞ

不眠不休で活動する事はダサい、んですね。

昨日、イケダハヤトさんの記事を読んで、

「24時間働けますか?」はもうダサい。次は「毎日8時間寝ていますか?」だ 

 

 

 

この記事の内容、強く同感です。
僕もここ数年、睡眠時間には気を使う様になり、今年に入ってからは過去10年間で一番睡眠時間をとっているかもと実感しています。
が!、おそらく、平均6時間か、6時間未満でしょう。
ダサいっすね、僕。

でも、6時間。
その睡眠時間を確保するために、過度な予定、勤務予定は入れない様にしています。
それもあり、先月のメイン(一番収入の多い現場)の労働場であるゴルフ場の勤務日数が月たったの10日。ま、その他の労働もしてるわけですけど。

睡眠時間8時間。
これを実現出来る生活スタイル、経済スタイルを考え、これから組むスケジュールも変えていかなければ、と。
でも生活スタイルを変える、となると話しが大きく、難しくなりそうなので、

まずは「睡眠時間8時間

これが実現出来るスケジュールを今後、重視していきたいと思います。
特に、労働とかではよくある、その日の労働終了時間が分からない時は、次の日は流動的な予定しか入れない様にする、とかもっと強く実行してみたいと思います。
するという予定より、「しない」という予定を入れます。

 

 

 

睡眠時間で衝撃を受けさせてもらえたのは、去年、自分の誕生日に一冊の本を読破したのですが、それが思い出に残っています。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江貴文さんの「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」です。
稼ぐ人=寝ずに働いているんだろう、と、僕は安易に思っていましたが、そう思っていた事を恥じにも思うくらい、この本に教えてもらえました。

堀江貴文さんも毎日8時間睡眠を心掛けているそうです。

その理由も僕にも納得&理解しやすかったです。

 

 

 

 

8時間睡眠。
でも、やってみようとすると、なかなか難しいところもあります。

いやいや、その睡眠時間を確保する事ではありません。

トイレ等で起きる事はあっても、8時間連続して睡眠をとる事が出来るでしょうか。
僕は途中で目が覚めてしまう事があります。

という事は、単純に、疲れきれていないんじゃないか。
起きていた16時間の活動のし方が悪いんじゃないか、と思えるのです。

8時間の睡眠時間をとる事がもったいない、と感じる人は、もしかしたら、起きている16時間の過ごし方が悪いのではないでしょうか?
僕は、その16時間の過ごし方が悪い方の人にハマっていますので、改善していきたいと思いました。

1日24時間あるうちの8時間を寝たら、活動出来る時間は16時間。
きっと、16時間フルに活動出来たなら、8時間ぐっすり眠れそうな気がします。
しかも寝付きも良さそうにも思えます。
これは、デスクワークだったとしても同じ事と思います。
いや、むしろ、デスクワークの方が全力で活動出来ていたか、判断しやすいかもしれません。

もし、寝付きもよく、8時間連続して眠る事が出来たなら、おそらく何か次のステージがあるんじゃないかと予感できます。
すごく、分かりやすい判断基準ですよね?
8時間連続して眠る事が出来る、って。

そしてそれは、不安も取り払える材料にもなるとも思います。
だって、睡眠以外の与えられた16時間。
これを全力で過ごせたなら、もう仕方ないじゃないですか。

 

目が覚めて、16時間が経った時、バタっと疲れきれるまで活動する事が出来たなら。
そして8時間ぐっすり寝て、また次の日を迎える事が出来たなら。

そんな毎日を過ごせたら、結果は結構早く出ると僕は思います。

僕はまだそれ以前に睡眠時間のとれていないダサい奴。
まずはそれが実行出来るスケジュールづくりからですね。

 

 

 

 

 

でも、「全力」って何だろう、と思うのですが、これは難題ですね。

 

 

 

 

栗原 隆 プロフィール

もうひとつのメインブログ
釣りを更に楽しくさせるもの

主に釣行記を書いているブログ
年収200万で奏でる34歳フリーターの釣り人生

TwitterFacebookでは日常を公開しています

釣り系のPVも作ったりしています

 

カテゴリー: 無意識のハッキング, 自分のブランディング, 読書感想文 | コメントをどうぞ

一薬草と秋の銀竜草

DSC_0016

 

DSC_0030

 

2014年9月4日、福島県内にて。

 

 

 

 

栗原 隆 プロフィール

もうひとつのメインブログ
釣りを更に楽しくさせるもの

主に釣行記を書いているブログ
年収200万で奏でる34歳フリーターの釣り人生

TwitterFacebookでは日常を公開しています

釣り系のPVも作ったりしています

カテゴリー: Nikon D5300(日常) | コメントをどうぞ

印象に残った言葉、「カメラこそ正義の武器だ」byマイケル・ムーア

昨夜観た、マイケル・ムーアの「Bowling for Columbine」。

IMG_6554

ボウリング・フォー・コロンバイン(字幕版)

表面的な根拠は見当たらないけど、観て良かった、と思えました。
マイケル・ムーアも、子供達が読む教科書とかにも載っていたらなぁなんて事も思いました。既に載っていたら無礼すみません。

銃がある国でも、国にこんなに違うのか、とそれは印象に残りました。
隣り合わせの国の、カナダとアメリカですごく違う事には特に深く。
どちらの国も銃が普及しているのに、銃によって死ぬ人が桁ハズレに違うし、カナダでは家の鍵をかけていない事にはすごくビックリしました。銃が普及しているのに。

なんでこんなにカナダとアメリカで違うのか、すごく難しい問題になっていました。

そして、このDVDの中で印象に残った言葉があります。
映画内ではなく、インタビュー的な特典映像の中でマイケル・ムーアが言われた言葉です。

「カメラこそ正義の武器だ」

「僕がよく使う引用にM・トウェインの言葉がある。」
「“笑いという攻撃には誰もが屈する”」

(字幕文で失礼させて下さい)

僕は少し前から、日常、何でも感じた事を書く様にしました。
書く事を仕事としている方々からしたらチリみたいな量ですが。
その日常とは、Facebook等で「いいね」してもらえる様な華やかな部分だけではありません。もちろん、その様な事も書きますが、変に感じたり、理不尽に感じたりする事も出来るだけ書いた方が良いと思いました。

特に現代は、労働に関わっている人が大勢います。
その労働の実際の現場でカメラを回す事が出来たら、何かしら、変化はするだろうと僕は思います。
もちろん企業や環境によっては守秘義務等は考えられますが、とにかくカメラを回す事が出来たら面白い。
それが出来れば、僕はイジメは減るとも思います。
虐待、も減るんじゃないかとも思います。

でも、みんながみんなカメラを持ったり、回しっぱなし、ということもなかなか出来ないのも考えられます。費用がかかりますし。

そこで、「書く」事が登場です。

でも、出来るだけ批判にならない様に、とは思っています。結局は何かの否定となり、批判となってしまうものですが。
そこで、カメラはいいなと思えました。
カメラの様に書けたらいいな、と。

カメラの様に書けたら相当な武器になると思います。

そして、もうひとつ、カメラの様に話せたら、それは武器になると思います。
そして、それに「笑い」を取り入れる事が出来たら鬼に金棒です。

数ヶ月前、僕はこんな動画を観ました。

笑い、というもののパワーを思い知りました。
全く、拒絶感を僕は持てなかったです。
そして、スッっと知る事が出来ました。印象に残り易いのですね。

マイケル・ムーアも何度も「ユーモア」という言葉を使っていました。

この「Bowling for Columbine」。今から12年も前の作品ですけど、僕は知らなかった。
無礼者なのか田舎者なのかどうしようもない大人なのか、それに対して、どう思っても仕方ないわけです。
常にこれからしかないのです。

出会えて良かった映画でした。

因に、今ならレンタルで直ぐ借りれるんじゃないか、と言われましたが、 近くにレンタルショップがないので僕はアマゾンで買っちゃいました。
僕が買った時は中古で600円弱。
交通費も含めれば借りるより安いかもです。

ボウリング・フォー・コロンバイン(字幕版)


栗原 隆 プロフィール

もうひとつのメインブログ
釣りを更に楽しくさせるもの

主に釣行記を書いているブログ
年収200万で奏でる34歳フリーターの釣り人生

TwitterFacebookでは日常を公開しています

釣り系のPVも作ったりしています

 

カテゴリー: 無意識のハッキング, 映画感想文 | コメントをどうぞ

富士総合火力演習が無料なんてとんでもない

先月ありましたね、富士総火演。

Youtubeでもその模様は観れると思います。

やっぱりすごい。
僕も過去に一度だけ観たことがありますが、あの迫力はホント、すごかったです。
戦車が打った大砲なんて、僕の人生で感じた一番の音のエネルギーだったのではないでしょうか。

と、このあたかも花火を観たかの様なことだけにならなくなって来ている現代を僕は今感じてます。
あのタマの目標が人になることもあるのです。
「戦争」の中では「くに」に向けて放ったタマでも、当たるのは「くに」では無く「人」なのです。
僕は好きな音楽家が海外にも沢山います。
当たり前に、その海外とは戦いたくもありません。
その音楽家と戦う理由はどこにも見当たりません。
では「くに」って何なんでしょう。

と、僕はまだこの辺りまでしか考えられないのです。

 

一方、無料ではないとタイトルに書きました、富士総合火力演習。
確かに、ものすごい倍率の抽選であるものの、当選すればその入場券は無料です。

が、しかし、既にここには、すごくお金の動いている消費経済が成り立っています。
「タマ」を消費しています。
その「タマ」を作る企業がいます。
何故その「タマ」を作る必要があるのか、それは攻撃された時の防衛しなければマズいという「危機感」によるもの。

このモデルは、消費経済ではよくあるモデルだと思います。
危機をあおり、その危機感を解消させるためのものを売る、と。

戦争って、ものすごく消費経済を生むのですね。
武器を作る企業が儲かります。

ということは、武器を使って消費してくれる組織がなくなると、倒産してしまう企業もあるのです。
あの、富士総火演により消費経済が生まれ利益が出る企業もあるのです。
そのお金はどこから来るのか、細かくは僕は知りませんが、税金と言っていいでしょう。
この経済、軍事経済と言ってもいいですね。

 

でも、そもそも、武器って必要なのでしょうか。
武器は、平和を引き寄せてくれるのでしょうか。

 

そんな僕に、というわけでもないのでしょうけど、僕にひとつの映画を知らせてくれた人がいました。
「ボウリング・フォー・コロンバインって知ってる?」
「いえ、知りません。」
「あれは是非観て。」
と。

IMG_6549

 

これから観てみます。

 

 

 

僕はあらゆる国の音楽家が好きです。
音楽家同士、世界中で繋がりまくったら武器は必要なくなるんじゃないでしょうか。

 

 

 

栗原 隆 プロフィール

もうひとつのメインブログ
釣りを更に楽しくさせるもの

主に釣行記を書いているブログ
年収200万で奏でる34歳フリーターの釣り人生

TwitterFacebookでは日常を公開しています

釣り系のPVも作ったりしています

 

 

カテゴリー: 無意識のハッキング | コメントをどうぞ