「現実脱出論」を読んでいる途中に気付いたどうしようもない自分、でも…

僕は釣りをします。
ギターを弾きます。
歌も歌いたくなります。
書きます。
読みます。
撮ります。
でもそれぞれ同時に出来る事柄は少ないと思います。
ギターを弾いている時は釣りなんか出来ませんし、歌っていたら書く事には集中出来ません。
そして、どういうわけか、それらに携わる事は「好き」という自覚があるものの、どれにも全く関わりたくなくなってしまう時もあります。
書いている途中、眠くなって寝てしまったり、本を読もうとしたら部屋の掃除をしてしまったりと、ほんと俺どうしようもないな、と自覚する事があります。
ひとつに集中する事ができないのです。

そして、何より、ギタリストになりたいと思っていたのに、数年前から本格的に釣りに意識が行き音楽に携わる時間も極端に減りました。
これに関してはとても罪悪感の様なものを以前は感じていたのを覚えています。
でも現在は釣りにより音楽に携わる時間が減ったと感じても罪悪感の様なものはあまり感じなくなりましたが。
それより、今最も罪悪感を感じてしまうのは、やる事が山積みなのに、全く取り組む気になれない時があり、挙げ句の果てには眠くなってしまう時がある事です。

ひとつに集中する事も出来なければ、多方面に携われる時間もあるくせに全く手を付けなかったり。ほんと色々バラッバラ。
このバラバラ感はとても良い気はしません。
今だって、答えは出ていませんし、よく分からないのです。

こんな僕、今の現実にはなかなか適合しないですよね。
そんな自分を今日、先日から読み進めていた本により意識強く知る事が出来ました。でも同時に、少し気持ちが楽になりました。

 

現実脱出論 (講談社現代新書)

「現実脱出論」坂口恭平 著 (講談社現代新書)
「創造の準備運動」というところ、147ページ。
僕も、僕自身が今、多方面に意識が行っている事が何かの準備運動であって欲しいなと思えました。
この本、僕にとってはとても意味を感じるのです。

世間でよく耳にする「現実」の事がよく書かれていると思います。

だから、現実を知れば、現実ではないものを見つける事が出来るかもしれません。
そしてそれは現実を脱出する術を手に入れられる事になるかもしれません。
現実逃避、ではなく「現実脱出」。
そんな術がこの本には書いてあるのかもしれません。

とにかく、僕はわくわくしながら読んでいます。
わくわくはするのですが、一気に読む集中力は無いんですけどね。

カテゴリー: 無意識のハッキング, 読書感想文 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中