これからあなたが選ぶ1食は、とても政治的な事

今日の夕食をあなたはどこで誰と何を食べるだろうか。その選択は、この社会を変える小さな一票に違いないのだ。

これは先日読み終えた、速水健朗さんの著書、

「フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人」(朝日新書)

 

フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人 (朝日新書)

 

に書いてあった事です。

 

人は何か食べなければ、生きていけません。
当たり前な事ですが、この地球に住んでいる生物みんなが行っている行動です。
と、いうことは、政治の手が伸びてきて当たり前です。

食べ物をどうやって手に入れるか。
何を食べるか。

この行動は、とても社会的な、政治的な事です。
僕が住む日本でも、お金のやりとりで社会が政治が行われていてると思います。

そんな国で、お金で食を得ているのであれば、それはとても政治的な事です。
もちろん、そんな国であるからこそ、食を得るのにお金を使わない様にする事も、とても政治的な事です。

 

 

そして、僕はこの本を読んで、印象に残った事。

この本のタイトル中にもある、「左翼」と「右翼」。
この本では左翼では地産地消、有機野菜などの地域主義と健康志向。
右翼にはファストフードなどの安さ量重視のジャンク志向とグローバリズム。
僕は、この事にへぇ〜とは思いましたが、これに強い印象を持ったわけではありません。

では、僕にとっては響きがよく聞こえる健康志向の左翼側。
有機野菜と地域主義なんて聞くと、僕は単純に田舎を想定してしまいます。
そして、田舎、などと聞くと環境にやさしい、という風に安易に思ってしまいます。
都会よりは田舎の方が環境にやさしい、と。
でも、とんでもありません。
僕は、移動するのには化石燃料を使わなければ、生活が大きく変わってしまいます。
僕ひとりが出す環境負荷量は、都会に住む人が出すものより、遥かに大きいと思います。
もし、この負荷量を減らすなら相当な技術や知識が必要なんだと思いました。

僕の家には畑で野菜等も作っています。
そしてその野菜を作るに当たっても、健康や有機野菜を求める事、それ自体が僕なんぞの知識や技術ではかえって環境に負荷を与えている事にもなっているかもしれないと思えました。

本来、左翼って、地球にやさしいイメージが僕はありますが、なんなんでしょう…
左翼も極端になると、これ、右翼っぽいじゃん、なんて事も思ってしまいました。

 

そこで、この本中に、書いてあった哲学者ピーター・シンガーの左派の定義にはグッときました。

「人間の本性は変わりうるものだと信じる」ことが、
「左派にとって今も昔も最も重要なこと」

 

この言葉によって、僕は理想が何なのか見失わない事が、未来の社会に必要な事なんだと思いました。
有機野菜や健康を求める「現在のその行動」が何かを破壊しているなら、「現在のその行動」は理想ではないと思います。
進歩させるか、もしくは変えるか辞めなければなりません。

理想、って何なんでしょう。

せめて、世界中の人にとって、食が楽しいものになればいいなと思います。

 

あ、ちなみに僕は、この本の中で言えば、ちょっと、左翼よりかと思っています。

 

 

フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人 (朝日新書)


 

 

 

栗原 隆 プロフィール

もうひとつのメインブログ
釣りを更に楽しくさせるもの

主に釣行記を書いているブログ
年収200万で奏でる34歳フリーターの釣り人生

TwitterFacebookでは日常を公開しています

釣り系のPVも作ったりしています

 

 

カテゴリー: 無意識のハッキング, 読書感想文 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中